旅客機

スポンサーリンク
海外編(ヨーロッパ)

フィンランド航空で北欧のヘルシンキへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ポーランドのワルシャワから、フィンランド航空のA320neoで北欧のフィンランドへ向かいます。首都ヘルシンキでは、観光名所のヘルシンキ大聖堂とウスペンスキー寺院を周ります。
海外編(ヨーロッパ)

DHC8-Q400でポーランドのワルシャワへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。LOTポーランド航空のボンバルディア(DHC8-Q400)でポーランドのワルシャワへ向かいます。ワルシャワではソビエト時代の1955年に作られた高層ビル「文化科学宮殿」や、内部まで再現された「国立競技場」などを見学します。
海外編(中東)

イスタンブール新空港(フリーのアドオンでリアルに再現)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。パムッカレのデニズリ空港から、トルコ航空のA320neoでイスタンブールへやって来ました。2018年に開港したイスタンブール空港が、フリーで公開されているアドオンとトラフィックツール(AIG)でリアルに再現されます。
海外編(アフリカ)

夜間飛行でモロッコへ(上空1万メートルからの日の出)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。南アフリカのケープタウンから、南アフリカ航空の夜行便で北アフリカのモロッコへ向かいます。約8時間の長時間フライトですが、上空からの日の出を見ることができます。モロッコでは首都カサブランカと交易都市マラケシュを訪れます。
海外編(中東)

エミレーツ航空でサウジアラビアへ(砂漠と円形農場)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。ドバイから、エミレーツ航空のA320neoでサウジアラビアのジェッダへ飛行します。途中で世界最大級の砂漠「ルブアルハリ砂漠」や、砂漠に現れた円形農場を見ることができます。ジェッダからイスラム教最大の聖地「メッカ」へ向かいます。
海外編(南アジア)

ボーイング747(エア・インディア)でムンバイへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。モルジブから旧塗装のエア・インディア、ボーイング747-8でインド最大の都市ムンバイへ飛行します。ムンバイでは夜間着陸に挑戦します。そして初めての有料アドオン(シーナリー)で再現されたムンバイの名所を見学します。
海外編(南アジア)

スリランカ航空のA330-300でモルジブへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。インド洋のリゾート地、モルジブを訪れます。フリーで公開されているスリランカ航空の中型旅客機A330-300を使用して、モルジブの玄関口であるマレ国際空港へ向かいます。モルジブでは有名な水上コテージを探したり、水上飛行機で遊びます。
海外編(南アジア)

LCCの旅客機でインド大陸を南へ(空港のアドオン)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。インドのLCC(格安航空会社)を利用して、各都市を巡りながらインド大陸を南下します。フリーで公開されている機体のリペイント、空港のアドオンを使うことでリアルな旅に近づきます。
海外編(南アジア)

幸せの国ブータン(超難関パロ空港への着陸)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。バングラディシュのダッカから、幸せの国ブータンへ向かいます。世界でも有数の、着陸が難しい空港として知られているヒマラヤ山脈に囲まれたパロ空港への着陸に挑戦します。
海外編(東南アジア)

タイ北部の町メーホンソンと遺跡(タイ航空で巡る)

チェンマイからタイ航空のATR72で、ミャンマーとの国境に位置するメーホンソンへ飛行します。その後、チェンマイからタイ航空のA320neoでバンコクへ向かいます。途中で世界遺産に登録されているスコータイ遺跡、アユタヤ遺跡を上空から見学します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました