オーストリア航空でウィーンへ(世界最古の観覧車と歴史的建造物)

未分類海外編(ヨーロッパ)

 ドイツのベルリンから、オーストリア航空のA320neoでオーストリアの首都ウィーンへ飛行します。ウィーンでは世界最古の観覧車やシェーンブルン宮殿などの歴史的建造物を見学します。

スポンサーリンク

オーストリア航空のA320neo

 ドイツからオーストリアの首都ウィーンへ向かいます。500キロほど距離があるので旅客機で移動します。搭乗するのはオーストリア航空。機体はA320neoです。

出発準備中のオーストリア航空A320neo

天候は曇り。誘導路を通って滑走路へ向かいます。

滑走路へ向けて誘導路を進む

視界も悪く、上空はどんよりと曇っていますが、離陸許可が出たので滑走路へ進入します。

いよいよ離陸

離陸して雲の上へ

 無事にベルリンを離陸しました。

厚い雲を抜けると、青空が広がっています。

ウィーンへ向けて雲の上を飛行

 ベルリンからウィーンまで約1時間の飛行です。チェコの上空を飛行して、南へ飛行します。この区間は実際にオーストリア航空がA320の機体で就航している路線です。

雲の上をウィーンへ向けて飛行

視界不良のウィーン国際空港へ着陸

 ベルリンを離陸して1時間、あっという間にウィーンへ到着しました。ウィーン国際空港のILSに従って自動で滑走路へ機体を誘導させますが、高度2000フィートを切っても滑走路が見えません。

高度2000フィートでも滑走路が視認できない

初めて訪れる空港で、視界も悪い中で高度が下がっていきます。ILSの電波を信じるしかありません。高度1200フィートでようやく、滑走路がぼんやりと見えました。

滑走路がぼんやりと見えた
滑走路が見えたので着陸決行

高度1000フィート、滑走路末端が確認できたので、オートパイロット(自動操縦)をオフにして手動で着陸させます。

高度1000フィートでオートパイロットをオフに

ウィーン国際空港へ着陸しました。ウィーン国際空港はオーストリア最大の空港ということもあり、様々な航空会社の機体が駐機しているのが見えます。

無事に着陸 様々な航空会社の機体が見える

客席視点からの眺めです。視界不良でしたがスムーズな着陸ができました。

ウィーンの中心部へ

 飛行機を乗り換えてウィーンの中心部へ向かいます。ドナウ川に沿って飛行していると、巨大な工業地帯が見えてきました。調べてみるとウィーンに本社があるOMVという石油、ガス、石油化学会社の工場でした。

巨大な工業地帯 煙突から煙が上がっている

ウィーンの中心部です。ウィーンの街は、MSFSで衛星写真を元に精密に再現されてるので、歴史的な建物の雰囲気を上空から見ることができます。中央下に見えている、薄い青色の屋根の細長い建物は「ウィーン国立歌劇場」です。1869年に建てられた歴史的な歌劇場です。

精密に再現されたウィーンの街

シェーンブルン宮殿

 中心部から少し西へ飛行すると、郊外に広大な庭園が見えてきます。オーストリアで最も有名な観光地「シェーンブルン宮殿」です。

シェーンブルン宮殿上空

1700年代に完成したバロック様式の宮殿です。当時6歳のモーツァルトが演奏した鏡の間、マリーアントワネットが幼少期に過ごした部屋、ナポレオンが逗留した部屋などが残されており、歴史的にも重要な建築物です。

シェーンブルン宮殿

広大な庭園と共に世界遺産に登録されています。

広大な庭園と共に世界遺産に登録されている

世界最古の観覧車

 再びウィーン中心部に戻ってきました。ウィーンは緑が多い街です。ドナウ川と運河の間にプラーター公園という、広大な公園が広がっています。プラーター公園の左下に遊園地のようなエリアがあります。この遊園地に世界最古の観覧車があります。

緑が多いウィーンの街

プラーター公園にある、現存する世界最古の観覧車です。映画「第三の男」にも登場するこの観覧車は1897年に建てられた、100年以上もの歴史がある観覧車です。最近の観覧車とは違い、客車のような大きなゴンドラが取り付けられています。予約してディナーを楽しむこともできるようです。

現存する世界最古の観覧車

次回はオーストリア国内の観光地を巡ります。

<今回使用したアドオン>
オーストリア航空(A320neo)リペイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました