スポンサーリンク
海外編(中東)

ペルシャ湾の国々(イラク・クウェート・バーレーン・カタール)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。イランの首都テヘランを出発して、ペルシャ湾岸の国々を周ります。イラクのバクダッド、そしてオイルマネーで都市開発されたクウェート、オマーンを巡り、カタールの首都ドーハへ向かいます。
Tips(操作方法など)

リアルな航空会社の機体が動くアドオン(AIG AI Trafficの使い方)

MSFS2020の「AIG AI Traffic」という無料のアドオンを紹介します。「AIG AI Traffic」によりMSFSのデフォルトのAI Trafficをリアルな航空会社、機体、フライトスケジュールに変えることができます。「AIG AI Traffic」の導入方法、使い方を解説します。
海外編(南アジア)

軍用輸送機C-17でアフガニスタンとイランへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。フリーで公開されている軍用輸送機C-17でアフガニスタンのカブールへ向かいます。その後イランの首都テヘランへ向かいます。フリーで公開されている機体を飛ばすことができるのもMSFSの楽しさです。
海外編(南アジア)

パキスタンの絶景を巡る旅

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。インドのブルーシティ、アムリトサルの黄金寺院を経由して、パキスタンへ入国します。世界第2位の高さの山K2、風の谷のナウシカのモデルとも言われるフンザなどの絶景を巡って、首都イスラマバードを目指します。
Tips(操作方法など)

飛行機のライト(種類とスイッチの場所を解説)

MSFS2020で使用できる旅客機(A320neo/B747-8)を例に、飛行機に装備されているライトの種類、点灯させるためのスイッチの場所を解説します。またライトを明るくリアルにしてくれるおすすめのアドオン「NewLight」を紹介します。
海外編(南アジア)

ボーイング747(エア・インディア)でムンバイへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。モルジブから旧塗装のエア・インディア、ボーイング747-8でインド最大の都市ムンバイへ飛行します。ムンバイでは夜間着陸に挑戦します。そして初めての有料アドオン(シーナリー)で再現されたムンバイの名所を見学します。
海外編(南アジア)

スリランカ航空のA330-300でモルジブへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。インド洋のリゾート地、モルジブを訪れます。フリーで公開されているスリランカ航空の中型旅客機A330-300を使用して、モルジブの玄関口であるマレ国際空港へ向かいます。モルジブでは有名な水上コテージを探したり、水上飛行機で遊びます。
Tips(操作方法など)

ワールドアップデートとオンライン設定(時々確認しましょう)

MSFS2020では、定期的に無料のアップデートによって世界中の景色がよりリアルになります。アップデート後も定期的に追加のアップデートが行われます。またオンライン機能が無効になっているとリアルな景色も台無しです。今回はコンテンツマネージャーからのアップデートのやり方、オンライン機能の確認方法を解説します。
海外編(南アジア)

インド最南端とスリランカ(面白い景色と世界遺産)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。ビジネスジェットでインド大陸の最南端へ飛行してからスリランカへ向かいます。スリランカでは世界遺産の「シーギリヤロック」を見学します。途中で巨大な鉱山の町や、立ち並ぶ風車など面白い景色を見つけることができました。
海外編(南アジア)

LCCの旅客機でインド大陸を南へ(空港のアドオン)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)で世界一周。インドのLCC(格安航空会社)を利用して、各都市を巡りながらインド大陸を南下します。フリーで公開されている機体のリペイント、空港のアドオンを使うことでリアルな旅に近づきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました