スポンサーリンク
Tips(操作方法など)

山やスキー場にロープウェイ、ゴンドラ、リフトを追加するアドオン:MSFS

MSFSの山やスキー場に、ロープウェイ、ゴンドラ、リフトを追加してくれるフリーのアドオン「Project Lifts」を紹介します。日本を含む世界中の山や観光地をカバーしているので、遊覧飛行が楽しくなる、おすすめのアドオンです。
海外編(ヨーロッパ)

ドイツ南部を巡る(ノイシュバンシュタイン城とミュンヘン)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ドイツ南部を巡ります。古城街道のスタート地点マンハイムに寄ってから、ドイツの3大名城と呼ばれるホーエンツォレルン城と、世界的にも有名なノイシュバンシュタイン城を見学します。ミュンヘンではFCバイエルン・ミュンヘンの練習場やスタジアムなどを見学します。
海外編(ヨーロッパ)

ドイツ西部の観光スポット(フランクフルトの高層ビルとケルン大聖堂)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。フランクフルトを出発してドイツ西部の都市を巡ります。フランクフルトではドイツ最大規模の空港と、高層ビル群を見学します。世界遺産であるケルンの大聖堂や、ヴッパータールにある世界最古のモノレールなどの見所を巡りながら、ドルトムントまで向かいます。
Tips(操作方法など)

アップデートされた関西空港:MSFS

テクノブレインさんから公開されているMSFS用の関西国際空港がアップデートされました。ターミナルビル内部の搭乗口が作りこまれ、対岸にある「りんくうタワー」が追加されました。またゲートに航空会社コードが追加され、LCC用の第2ターミナルにもピーチの機体が駐機します。アップデートされた関西空港を紹介します。
海外編(ヨーロッパ)

ドイツへ入国(メルヘン街道とフォルクスワーゲン工場)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ユトランド半島からドイツへ入国します。北部の都市ハンブルクへ立ち寄った後、グリム兄弟にゆかりのあるメルヘン街道に沿ってブレーメンからハーナウへ飛行します。途中でフォルクスワーゲンの本社工場があるヴォルフスブルクへ立ち寄ります。
海外編(ヨーロッパ)

デンマークの観光スポットを巡る(海峡、古城、レゴハウス)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。デンマークには、首都コペンハーゲン以外にも観光スポットがたくさんあります。美しい古城を観光しながら、2つの海峡を越えて、ユトランド半島(ヨーロッパ大陸)を目指します。ユトランド半島にはレゴ発祥の地に建てられたレゴハウスや、進撃の巨人を思わせるモニュメントがあります。
Tips(操作方法など)

実在の航空会社、機体が動くアドオン(FSLTLの紹介と使い方)

MSFSの「FSLTL」というアドオンの紹介、使い方を解説します。FSLTLを使うと、実際の航空会社、機体がリアルタイムのスケジュールに従ってMSFSの世界で動き出します。寂しかったMSFSの空港と空が、実在の航空会社、機体で賑やかになります。
海外編(ヨーロッパ)

デンマークの首都コペンハーゲンへ(北欧のパリ)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。デンマークの首都、コペンハーゲンを訪れます。途中で国境の街マルメと、オーレスン・リンクという海峡に架かる橋を見学します。MSFSで街全体が再現された、北欧のパリと呼ばれる美しい街コペンハーゲンを飛行します。
海外編(ヨーロッパ)

ストックホルムとゴットランド島(魔女の宅急便の街)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。スウェーデンの首都ストックホルムとゴットランド島を訪れます。ストックホルムの空港にはジャンボ機(B747)を改装したホテルがあります。ストックホルムは魔女の宅急便のモデルとなった街で、時計台のモデルとなった建物があります。同じく魔女の宅急便のモデルとなった街ヴィスビーがあるゴットランド島を訪れます。
Tips(操作方法など)

関西2大空港の有償シーナリー(大阪伊丹・関西国際空港):MSFS

MSFSの有償シーナリーとして公開されている、大阪伊丹空港(RJOO)、関西国際空港(RJBB)を紹介します。どちらもリアルに作りこまれていて、AIG(AIトラフィックツール)との組み合わせで、関西では馴染みのある2つの空港がリアルに再現されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました