スポンサーリンク
Tips(操作方法など)

実在の航空会社、機体が動くアドオン(FSLTLの紹介と使い方)

MSFSの「FSLTL」というアドオンの紹介、使い方を解説します。FSLTLを使うと、実際の航空会社、機体がリアルタイムのスケジュールに従ってMSFSの世界で動き出します。寂しかったMSFSの空港と空が、実在の航空会社、機体で賑やかになります。
海外編(ヨーロッパ)

デンマークの首都コペンハーゲンへ(北欧のパリ)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。デンマークの首都、コペンハーゲンを訪れます。途中で国境の街マルメと、オーレスン・リンクという海峡に架かる橋を見学します。MSFSで街全体が再現された、北欧のパリと呼ばれる美しい街コペンハーゲンを飛行します。
海外編(ヨーロッパ)

ストックホルムとゴットランド島(魔女の宅急便の街)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。スウェーデンの首都ストックホルムとゴットランド島を訪れます。ストックホルムの空港にはジャンボ機(B747)を改装したホテルがあります。ストックホルムは魔女の宅急便のモデルとなった街で、時計台のモデルとなった建物があります。同じく魔女の宅急便のモデルとなった街ヴィスビーがあるゴットランド島を訪れます。
Tips(操作方法など)

関西2大空港の有償シーナリー(大阪伊丹・関西国際空港):MSFS

MSFSの有償シーナリーとして公開されている、大阪伊丹空港(RJOO)、関西国際空港(RJBB)を紹介します。どちらもリアルに作りこまれていて、AIG(AIトラフィックツール)との組み合わせで、関西では馴染みのある2つの空港がリアルに再現されます。
海外編(ヨーロッパ)

フィンランドとスウェーデンの街(ムーミンとサンタクロース村)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。北欧のフィンランドとスウェーデンの街を巡ります。フィンランドには、ムーミンのテーマパーク、年中サンタクロースに会えるサンタクロース村があります。スウェーデンで鉱業の街キルナを経由して、バルト海に浮かぶオーランド諸島へ向かいます。
海外編(ヨーロッパ)

フィンランド航空で北欧のヘルシンキへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ポーランドのワルシャワから、フィンランド航空のA320neoで北欧のフィンランドへ向かいます。首都ヘルシンキでは、観光名所のヘルシンキ大聖堂とウスペンスキー寺院を周ります。
Tips(操作方法など)

Little Navmapの便利な使い方(応用編):MSFS

前回紹介した「Little Navmap」ですが、MSFSに含まれる名所(POI)、手作り空港、衛星写真を元に精密に再現された都市と、ワールドアップデートで追加されるこれらの場所をLittleNavmapの地図上で確認できるアドオンの紹介、そしてLittleNavmapの地図表示をGoogleマップへ変更する方法を解説します。
Tips(操作方法など)

Little Navmapの紹介と使い方(基本編):MSFS

MSFSで、現在飛行している位置を細かいマップ上に表示したり、フライトプランを作成できるフリーソフト「Little Navmap」の使い方を解説します。LittleNavmapでは空港や滑走路、NAV、ILS、航路、POIなどの情報も表示されます。また表示されるマップをgoogleマップへ変更することもできます。
海外編(ヨーロッパ)

DHC8-Q400でポーランドのワルシャワへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。LOTポーランド航空のボンバルディア(DHC8-Q400)でポーランドのワルシャワへ向かいます。ワルシャワではソビエト時代の1955年に作られた高層ビル「文化科学宮殿」や、内部まで再現された「国立競技場」などを見学します。
海外編(ヨーロッパ)

スロバキアの城巡りとチェコのプラハ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。かつては一つの国だったスロバキアとチェコを訪れます。スロバキアではフリーのアドオンで追加された様々な形の城を見学します。チェコでは世界一美しいと言われる町チェスキー・クルムロフへ寄って、夜景も美しい首都プラハへ向かいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました