スポンサーリンク
海外編(ヨーロッパ)

フィンランドとスウェーデンの街(ムーミンとサンタクロース村)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。北欧のフィンランドとスウェーデンの街を巡ります。フィンランドには、ムーミンのテーマパーク、年中サンタクロースに会えるサンタクロース村があります。スウェーデンで鉱業の街キルナを経由して、バルト海に浮かぶオーランド諸島へ向かいます。
海外編(ヨーロッパ)

フィンランド航空で北欧のヘルシンキへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ポーランドのワルシャワから、フィンランド航空のA320neoで北欧のフィンランドへ向かいます。首都ヘルシンキでは、観光名所のヘルシンキ大聖堂とウスペンスキー寺院を周ります。
Tips(操作方法など)

Little Navmapの便利な使い方(応用編):MSFS

前回紹介した「Little Navmap」ですが、MSFSに含まれる名所(POI)、手作り空港、衛星写真を元に精密に再現された都市と、ワールドアップデートで追加されるこれらの場所をLittleNavmapの地図上で確認できるアドオンの紹介、そしてLittleNavmapの地図表示をGoogleマップへ変更する方法を解説します。
Tips(操作方法など)

Little Navmapの紹介と使い方(基本編):MSFS

MSFSで、現在飛行している位置を細かいマップ上に表示したり、フライトプランを作成できるフリーソフト「Little Navmap」の使い方を解説します。LittleNavmapでは空港や滑走路、NAV、ILS、航路、POIなどの情報も表示されます。また表示されるマップをgoogleマップへ変更することもできます。
海外編(ヨーロッパ)

DHC8-Q400でポーランドのワルシャワへ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。LOTポーランド航空のボンバルディア(DHC8-Q400)でポーランドのワルシャワへ向かいます。ワルシャワではソビエト時代の1955年に作られた高層ビル「文化科学宮殿」や、内部まで再現された「国立競技場」などを見学します。
海外編(ヨーロッパ)

スロバキアの城巡りとチェコのプラハ

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。かつては一つの国だったスロバキアとチェコを訪れます。スロバキアではフリーのアドオンで追加された様々な形の城を見学します。チェコでは世界一美しいと言われる町チェスキー・クルムロフへ寄って、夜景も美しい首都プラハへ向かいます。
Tips(操作方法など)

夜の暗い空港を明るくするアドオン(Airports Lights):MSFS

MSFSは夜景が美しいのですが、いざ空港に着陸すると真っ暗です。デフォルトの空港に照明を追加して、夜の暗い空港を明るくしてくれる素晴らしいアドオン「Airports Lights」を紹介します。
海外編(ヨーロッパ)

ブダペストを観光(ドナウの真珠)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ハンガリーの首都ブダペストを観光します。美しい景色から「ドナウの真珠」と呼ばれる街です。フリーのアドオンによって、多くの建物が再現されています。夜になると輝きが増しますが、訪れた日がちょうど満月で、幻想的な景色を眺めることができました。
海外編(ヨーロッパ)

ハンガリーの街を巡る(歴史的な建造物)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ハンガリーには首都ブタペスト以外にも、古い建物が残る街が多くあります。フリーのアドオンによって再現された教会などの建物を見学しながら、ハンガリーの街を巡ります。
海外編(ヨーロッパ)

ブルガリア(古都ソフィア)とルーマニア(ドラキュラ城)

Microsoft Flight Simulator 2020(MSFS)で世界一周。ブルガリア、ルーマニアへ向かいます。ブルガリアでは、観光スポットがアドオンで再現された古都ソフィアを見学します。その後、セルビアの絶景を経由してルーマニアへ向かいます。ルーマニアにはドラキュラ城のモデルとなったブラン城があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました