エアーズロックで遊覧飛行(朝焼けと夕暮れのウルル)

海外編(オセアニア)

 エアーズロックにやってきました。別名「ウルル」とも言われる、世界最大の一枚岩です。そして先住民アボリジニの聖地です。「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台にもなりました。まさに世界の中心です。アボリジニの聖地ということですが、観光客が多すぎることもあって2019年から登山禁止になりました。ということで、今回は優雅に空から観光します。

スポンサーリンク

エアーズロック遊覧飛行

日の出も見たいということで、日の出前の暗いうちにエアーズロック空港を離陸。

夜明けのエアーズロック空港

地平線が明るくなってきました。エアーズロック上空をのんびり飛びながら日の出を待ちます。

日の出を待ちます

そして・・・ゆっくりと地平線から太陽が昇ってきました。ゲーム内とはいえ、時間が流れて日の出を見ることができるのは感動です。

日の出です

ついにエアーズロックが全貌を現しました。朝日に染まって、真っ赤に染まるエアーズロック。頑張ってオーストラリア大陸を横断してきた甲斐がありました。

朝日に染まるエアーズロック

ちなみに、今回は遊覧飛行ということで、速度もゆっくりで、色もカラフルな「Savage Cub」を操縦しています。砂漠の上空を遊覧飛行するには雰囲気ぴったりの飛行機です。本当は、紅の豚にでてくるような、操縦席がむき出しの複葉機が良かったのですが・・・

自撮りに挑戦

朝焼けのエアーズロックは堪能したので、一度エアーズロック空港に戻って、日が高くなってから出直しました。

昼間のエアーズロックに向かう

朝焼けのエアーズロックもいいですが、日中も迫力があっていいですね。

日中のエアーズロック

最後に、サンセットを見てから戻りました。

エアーズロックのサンセット

次回は、南部の都市アデレード、メルボルン、キャンベラを経由してから、シドニーへ向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました