シドニーとブルーマウンテンズ(世界遺産を巡る)

海外編(オセアニア)

 オーストラリア南部の都市シドニーを観光します。南半球を代表する大都市で、世界遺産であるオペラハウスもあります。そしてシドニーの西にある世界遺産ブルー・マウンテンズ国立公園へショートトリップです。どちらもフリーのアドオン(MOD)のおかげで見応えのある景色を楽しむことができました。

スポンサーリンク

シドニーを観光

 今日は一日かけて、シドニーを観光します。南半球を代表する観光・経済都市で、今回のオセアニア編のハイライトです。今回もフリーで公開されているシドニーシティのアドオン(シーナリー)を追加しました。飛行機で上空から観光してもよかったのですが、オペラハウスなどの有名な建築物が多いので「ドローン」を使って撮影しました。

オペラハウスとハーバーブリッジ

シドニーハーバーブリッジ

 オペラハウスと並んで、シドニーのシンボルである「シドニーハーバーブリッジ」です。全長約1500メートル。鉄のアーチが奇麗な橋です。

ハーバーブリッジ

シドニー全景

 シドニーの全景です。左下の森は「ハイド・パーク」、真ん中には「シドニータワー」が見えます。高さは約300メートル。次回訪れる予定のニュージーランドのオークランドにある「スカイタワー」に次いで南半球で2番目に高いタワーです。

シドニー中心部

オペラハウス

 世界遺産のオペラハウスです。1973年に完成した、比較的新しいコンサートホールです。貝殻の様な特徴的な建築物、工事の難しさが世界遺産選定の理由とのことで、世界遺産の中では建造年が一番新しい建築物らしいです。

世界遺産オペラハウス

行き交う船

 オペラハウスとハーバーブリッジがあるポート・ジャクソン湾は、大型客船、作業船、コンテナ船が行き交っています。現在は動きませんが、将来的には実際の航路に従ってAIの船舶が動くことも考えているらしいです。そういった追加のアドオン(MOD)が出るかもしれませんね。

停泊する豪華客船
そしてコンテナ船

ブルーマウンテンズ国立公園(世界遺産)

 シドニーから内陸に80kmほど西へ行くと、奇岩、原生林、滝などが広がる世界遺産「ブルーマウンテンズ国立公園」があります。都会歩きに疲れたので、飛行機でひとっ飛びすることにしました。
実際はシドニーから電車やバスで2時間ほどですが、飛行機では20分ほどで到着です。
オーストラリアで有名なコアラの主食、ユーカリの木が広がっています。
ユーカリの油分が蒸発するときに青色の霧のように見えることからブルーマウンテンズという名前がついたらしいです。

広大なブルーマウンテンズ国立公園

スリーシスターズ

 「ブルーマウンテンズ国立公園」には奇岩や滝がありますが、さすがにMicrosoft Flight Simulator 2020(MSFS2020)では再現されていません。そこで、アドオン(MOD)を入れてみました。一番人気の奇岩「スリーシスターズ」がフリーアドオンとして公開されています。おそらく岩が三つならんでいることから三人姉妹ということなんでしょう。

奇岩スリーシスターズ

夜のシドニーを観光

 ブルーマウンテンズ国立公園の観光を終えて、シドニーに戻ってきました。夕焼けと夜景を見に再び街に繰り出します。ライトアップされたオペラハウスと、ハーバーブリッジがとても奇麗です。
ほとんど飛行機には乗りませんでしたが、いい休日でした。
次回は、またまた旅客機で「ニュージーランド」へ向かいます!!

サンセットのシドニー市街
ライトアップされたオペラハウスとハーバーブリッジ

コメント

タイトルとURLをコピーしました