リアルな航空会社の機体が動くアドオン(AIG AI Trafficの使い方)

Tips(操作方法など)

 MSFS2020の「AIG AI Traffic」という無料のアドオンを紹介します。AI Trafficとは自分以外の自動で飛行する飛行機のことで、ゲートを出発して離陸し、目的地の空港へ着陸します。「AIG AI Traffic」によりMSFSのデフォルトのAI Trafficをリアルな航空会社、機体、フライトスケジュールに変えることができます。
「AIG AI Traffic」の導入方法、使い方を解説します。

スポンサーリンク

AIG AI Trafficとは

 AI Trafficとは、自機以外の自動で飛行する飛行機です。きちんとゲートを出発して、滑走路から離陸し、目的地の空港に着陸してくれます。MSFSでもデフォルトでAI機が出現しますが、数も少なく、実際の航空会社とは異なります。AIG(Alpha India Group)という有志のグループが作成したツールを導入することで、このAI Trafficが実在するリアルな航空会社実際の機体に変わります。そして実際のフライトスケジュールに従って飛行してくれます。

空港がリアルで賑やかになる

AIG AI Traffic導入の流れ

 AIG AI Trafficの導入の流れです。

①「AI Manager」と「Traffic Controller」の入手
②「AIG」「AVSIM」のアカウント作成
③「AI Manager」の設定
④ フライトプランの読み込み
⑤「Traffic Controller」の設定
⑥ MSFSの設定変更と起動確認
⑦ モデルマッチングとアップデート

初めは大変ですが、導入してしまえば簡単です。ぜひチャレンジしてMSFSの世界を、世界中の旅客機、いろいろな機体で埋め尽くしましょう。

①「AI Manager」と「Traffic Controller」の入手

 「AI Manager」はAI機の機体情報やフライトプランをMSFS用へ変換します。そもそもAI TrafficはMSFS以外のフライトシミュレータにも使用されます。公開されているAI Trafficを動かすための情報をMSFSでも動作させるためにコンバート(変換)してくれるのが「AI Manager」です。
「Traffic Controller」はAI Managerで作成したファイルを元にMSFS上でAI Trafficを動作させてくれるソフトです。
AIGのこちらのサイトから「AI Manager」をダウンロードします。「PublicBeta1.1(incl.MSFS support)」を選択します。※バージョン、名称は変わっていくと思います。

「AI Manager」をダウンロード

続いてこちらのサイトから「Traffic Controller」をダウンロードします。「Download」を選択します。

「Traffic Controller」をダウンロード

ダウンロードした「AI Manager」と「Traffic Controller」を解凍します。同じフォルダに入れておくと便利です。

同じフォルダに入れておくと便利

②「AIG」「AVSIM」のアカウント作成

 AI Managerは機体や、航空会社のリペイント、フライトスケジュールをAIG、AVSIMという公開サイトから自動でダウンロードします。どちらもアカウントが必要なので作成します。アカウントは無料で作成できます。

「AIG(Alpha India Group)」のアカウントはこちらのサイトから登録します。

AIGの登録画面

「AVSIM」こちらのサイトから登録します。

AVSIMの登録画面

③「AI Manager」の設定

 AIGとAVSIMのアカウントが準備できたら、「AI Manager」の設定を始めましょう。
①でダウンロード、解凍した「AI Manager」フォルダ内の「AIG Tech-AI Manager.exe」右クリックして「プロパティ」を選択します。

右クリック→「プロパティ」

「プロパティ」-「互換性」の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
「AI Manager」は管理者権限で実行する必要がありますが、こうすることで次回からは自動で管理者として実行してくれます

「OK」で閉じたら今度は「AIG Tech – AI Manager.exe」を実行(Wクリック)します。ここでショートカットを作成しておいてもいいです。

このような画面が出ます。なかなか起動しません。7~8分ほど待ちましょう。
※初回起動時は何度かメッセージが出ますが、すべて「OK」で進めます。

AI Managerの起動画面 時間がかかる・・・

起動したらAI Managerの設定を始めていきます。左側の「settings」、上部の「FlightPlans」を選択します。

「FlightPlans」の設定

「Use AIGFP-Files・・・」にチェックを入れます。
・「AIGTC directory:」「Select」を選択し、①で準備した「Traffic Controller」のフォルダにある「AIGTech – Traffic Controller.exe」を選択して「開く」を選択します。

チェックを入れてから「Select」を選択
「AIGTech – Traffic Controller.exe」を選択して「開く」を選択

「Cookies」の設定

上の「Cookies」を選択します。
②で準備したアカウントを使います。「AlphaIndiaGroupForum」「Login」を選択します。

順番にLoginを選択

ログイン画面が表示されるのでログインします。

AIGのログイン画面

同様に「AVSIM」「Login」を選択します。
※何度かスクリプトエラーが出ますが気にせずに「OK」で進んでいきます。

スクリプトエラーは「OK」ですすめる
AVSIMのログイン画面

しばらくしてStatusが「LOGGED IN」となればOKです。

AIGとAVSIMのStatusが「LOGGED IN」となればOK

「AIGAIM-OCI」の設定

上の「AIGAIM-OCI」を選択し「Setup」を選択します。

「AIGAIM-OCI」で「Setup」を選択

「Introduciton」は「Next」を選択します。

「OneClickInstaller-Setup」の画面です。
「OCI-Directory」はMSFS2020の「community」フォルダが自動で選択されています。通常は変更する必要はありませんが「MSFS Addons Linker」を使用して「AIG」関連のフォルダを別にしたい場合は、任意のフォルダを指定します。※MSFS Addons Linkerについてはこちらの記事を参考にしてください

「Use AIGFP-Files」にチェックが入っていること、「AIGTC directory:」は①で準備した「Traffic Controller」のフォルダが選択されていることを確認します。

右下の「Setup」を選択すると、「AI Manager」が自動で終了します。
終了しない場合は、右上の「SAVE」を選択してから「Close」で終了します。

参考までに起動後の「AIGAIM-OCI」の画面は以下のようになります。
「Current Path:」にはCommunityフォルダへのパスが表示されます。

設定後の「AIGAM-OCI」の画面

④フライトプランの読み込み

 AIGのAI Trafficは初期状態ではどの航空会社も含まれていません。自分で航空会社を選んで追加していきます。
ふたたび「AI Manager」を起動します。起動に7、8分かかりますが待ちます。
左側の「Flightplans」、上部の「Online」を選択します。

「Flightplans」-「Online」を選択

世界中の航空会社が表示されるので、インストールしたい航空会社を選択して、右側の「Install」を選択します。

インストール(追加)したい航空会社を選択して「Install」

下の「Airline=」に航空会社名の一部を入力して検索することもできます。

航空会社名(一部でも可)で検索すると便利

インストール画面が表示されるので「Install using OCI」を選択します。

「Install using OCI」を選択

次の画面で右下の「Install」を選択します。

「Install」を選択

自動で機体や、リペイント、フライトスケジュールがダウンロードされてインストールされます。画面が固まってしまう(応答なし)こともありますが、しばらくすると終わるのでそのまま待ちましょう。

インストール中の画面

機体モデルの手動ダウンロードが必要な場合があります。ダウンロード画面まで表示してくれるので、ファイルをダウンロードし、ZIPファイルを解凍しないままで指定すれば、進んでいきます。

航空会社は後から追加できますので、ある程度の航空会社をインストールしたら「AI-Mnager」は終了します。
ここで「Community」フォルダ「aig-aitraffic-oci-beta」というフォルダが作成されていることを確認しておきます。これがAI ManagerによりMSFS用に作成されたAI Traffic用のデータです。
※③「AI Manager」の「AIGAIM-OCI」の設定で「OCI-Directory」をCommunityフォルダ以外に設定した場合は、その場所になります。

「Community」フォルダの場所はMSFS2020のパッケージによって異なります。
Windows版
C:\users(ユーザ)\ユーザー名\AppData\Local\Packages\Microsoft.FlightSimulator_(ランダムな値)\LocalCache\Packages\
Steam版
C:\users(ユーザ)\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft Flight Simulator\Packages\

「community」フォルダへ「aig-aitraffic-oci-beta」が作成されている

慣れてきたら複数の航空会社を選択してインストールすることもできます。
※初めのころは上記のようにモデルのダウンロードが必要な場合があるので航空会社を1つずつインストールしたほうがいいです。
キーボードの「Ctrl」キーを押しながら複数の航空会社を選択し、左下の「OCI-Bulk」を選択します。

「Ctrl」キーを押しながら複数選択が可能

上の「Installed」を選択するとインストール済みの航空会社が表示されます。

⑤「Traffic Controller」の設定

 最後に「Traffic Controller」の設定です。
①でダウンロード、解凍した「AIG_TrafficController」フォルダ内の「AIGTech-Traffic Controller.exe」右クリックして「プロパティ」を選択します。

右クリック→「プロパティ」

「プロパティ」-「互換性」の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
「AI Manaer」と同様に自動で管理者として起動するようにします。

「OK」で閉じたら今度はAIGTech-Traffic Controller.exeを実行(Wクリック)します。「TrafficController」は毎回使用するので、使いやすい場所にショートカットを作成しておくと便利です。
初回起動時は何度かメッセージが出ますが、すべて「OK」で進めます。

「Traffic Controller」が起動したら上の「Settings」を選択します。

「Settings」を選択

「UseAIGFP」にチェックを入れて、「OCI-Directory」「Select」を選択ます。

「UseAIGFP」にチェックを入れて「Select」を選択

「Community」フォルダ内の「aig-aitraffic-oci-beta」を選択します。
※「Community」フォルダの場所は④を参考に
※③「AI Manager」の「AIGAIM-OCI」の設定で「OCI-Directory」をCommunityフォルダ以外に設定した場合は、その場所にある「aig-aitraffic-oci-beta」を指定して「OK」を選択します。

「aig-aitraffic-oci-beta」を選択して「OK」

最後に「Injection」「Autoinjection・・・」のチェックを外し、左下の「SaveSettings」を選択します。

「Autoinjection」のチェックを外し「SaveSettings」を選択

「Traffic Controller」を一度終了します。

⑥MSFSの設定変更と起動確認

MSFSを起動して、MSFSの設定を少し変更します。
「OPTIONS」-「GENERAL OPTIONS」-「TRAFFIC」を以下の設定へ変更します。

・AVIATTION TRAFFIC – AIRCRAFT TRAFFIC TYPEを「OFF」
・AIRPORT LIFE – GROUND AIRCRAFT DENSITYを「0」

MSFSの「Traffic」の設定①

・AI AND MULTIPLAYER TRAFFIC DETAIL – USE GENERIC・・は両方「OFF」
設定したら「APPLY AND SAVE」で設定を有効にします。

MSFSの「Traffic」の設定②

いよいよ起動確認です!!
出発空港を選択したらロード中に「Traffic Controller」を起動します。
※起動のタイミングはいつでも大丈夫です。
※インストールした航空会社が多くいそうな空港を選びます。日本の航空会社であれば羽田空港を選択すれば間違いありません。

フライトが始まったら「Traffic Controller」の「Settings」画面で「InjecTraffic」を選択します。

「InjectTraffic」を選択

しばらくすると何も表示されていなかった空港に、航空機が出現します。

ひっそりとした空港に・・・
旅客機が出現!!

「Traffic Controller」はMSFSと一緒にバックグランドで実行する必要があります。
また「MAP」を選択すると、AI機が黄色で表示され、選択すると右側にフライト情報が表示されます。

「TrafficController」のマップ画面

うまくAI機が表示されましたか。AI機が出現しない場合は「TrafficContoroller」を起動し直して「 InjectTraffic」を選択すると表示される場合があります。

⑦モデルマッチングとアップデート

 現時点では、MSFS用のAI機が全て作られているわけではありません。インストール時点で作成されていなかった機体は「モデルマッチング」をすることで最新の機体を自動的にダウンロードしてインストールしてくれます。
「AI Manager」を起動します。
左側の「Settings」、上部の「AIGAIM-OCI」を選択して「VerifySetup」を選択します。右下のインジケーターが進んでいき、追加の機体(モデル)が自動でダウンロード、インストールされ、しばらくすると「VerifiCheck done!(完了)」と表示されます。

「VerifySetup」で機体(モデル)を最新化
最適化完了

同様に「VerifyTextureformat」も実行しておきましょう。

「Texture(ペイント)」も最適化しておく

このモデルマッチングにより、新しい機体、不足している機体が追加されます。モデルは時々アップデート、ついかされるので時々実施した方がいいようです。私もこれを実施するまではボーイング747が表示されませんでした。

「VerifySetup」により747のAI機が表示された

最後に・・・

 始めは大変ですが、一度設定してしまえば、MSFSと一緒に「TrafficContoroller」を起動して「InjectTraffic」するだけです。あとは好きな時に「AI Manager」で航空会社を追加します。
 2021年11月現在、「AIG AI Traffic」はベータ版です。動作が不安定だったり、環境によっては動作しない場合もあります。また正式版がリリースされたら環境の再構築が必要かもしれません。ベータ版であることを理解したうえで使いましょう。
どちらにしても、こんなに素晴らしいツールを無料で提供していくれることには感謝しかありません。

A380も登場します
珍しい塗装の機体も見ることができる
LCCも公開されている
AI機の離発着を見るだけでも楽しめます

コメント

タイトルとURLをコピーしました