便利な機能(計器の表示)

Tips(操作方法など)

 MSFS2020の外部視点モードでは計器が表示されますが、設定で非表示にすることができます。また、コックピットの計器類は別ウインドウで表示することができます。今回は計器の表示、非表示について解説します。
※2021年12月追記
 外部視点モードで計器を非表示にする設定はアップデート
によって無くなってしまったようです

スポンサーリンク

外部視点で計器の表示を消す

※2021年12月追記
アップデートによって、外部視点モードで計器を非表示にする設定は無くなってしまったようです
 カメラモードの「外部視点モード」は三人称視点で、周りの景色も広く見ることができます。画面に計器が表示されるので、景色を見ながら操縦することができます。ただ、広く景色を見たい時は、この計器が邪魔になります。
※カメラモードについてはこちらを参考にしてください。

「外部視点モード」では計器が表示される

この「外部視点モード」の計器は設定で非表示にすることができます。飛行中なら[ESC]キーで「OPTION」画面を表示させます。「GENERAL」ー「CAMERA」にある「INSTRUMENT HEADS-UP-DISPLAY(HUD)」を[OFF]にします。「APPLY&SAVE」で設定を有効化/保存して飛行画面に戻ると計器類が非表示なります。

[OFF]にして[APPLY&SAVE]すると
「外部視点モード」で計器を非表示にできる

計器を別ウインドウで表示する

 コックピットの一部の計器は別ウインドウで表示することができます。外部視点やドローンカメラでもコックピットの必要な情報を確認することができます。

計器を別ウインドウで表示

やり方は簡単。コックピット画面で、別ウインドウで表示したい計器にマウスカーソルを合わせてキーボードの「右ALT」を選択します。マウスカーソルが下の画像のように「プラスマーク」に変わったら「右ALT」を押したままマウスで「左クリック」です。

計器画面上で「右ALT」キーを押してたままマウスを左クリック
別ウインドウで表示される

 別ウインドウで表示した計器は、どのカメラモードでも表示されます。大きさも変えられますし、邪魔な時は「最小化」させることもできます。旅客機のPFD、NDといった計器も別ウインドウで表示することができます。操縦はオートパイロットに任せて客席視点で外の景色を眺めながらも次のポイントまでの距離を確認したり、機体の状態を確認したい時などに便利です。

ND(ナビゲーション・ディスプレイ)を別ウインドウで表示)
PFD(プライマリー・フライト・ディスプレイ)別ウインドウで表示

コメント

タイトルとURLをコピーしました