関西2大空港の有償シーナリー(大阪伊丹・関西国際空港):MSFS

Tips(操作方法など)

 有償シーナリーとして公開されている、大阪伊丹空港(RJOO)、関西国際空港(RJBB)を紹介します。AIG(AIトラフィックツール)との組み合わせで、関西では馴染みのある2つの空港がリアルに再現されます。
※この記事の画像はAI機を実際の航空会社、機体へ変える「AIG AI Traffic」を使用しています。
※夜の暗い空港を明るくするアドオン「Airports Lights」を使用しているため、製品には含まれない照明が表示されています。

スポンサーリンク

大阪伊丹空港と関西国際空港のアドオン

 大阪伊丹空港(RJOO)と関西国際空港(RJBB)は、関西在住の方なら馴染みのある空港です。残念ながらMSFSではデフォルトでは再現されおらず、フリー(無償)のアドオンも公開されていません。2つの空港が、比較的安い価格で公開されていますので、紹介します。

有償アドオンにより関西の2大空港がリアルになる

大阪伊丹空港(RJOO)

まずは大阪伊丹空港です。かつては国際空港でしたが、関西国際空港が開港してからは、関西の国内線の拠点となっています。私もよく利用する馴染みのある空港です。

デフォルトの大阪伊丹空港

 デフォルトの大阪伊丹空港です。空港とターミナルの形は再現されていますが、実際の空港を知っていると少し寂しく感じます。

デフォルトの大阪伊丹空港

大阪伊丹空港の購入

 大阪伊丹空港の有償シーナリーは「simMarket」から購入することができます。価格は10ユーロ、約1400円です。(2022年8月現在)

導入後の大阪伊丹空港

 デフォルトでは再現されていなかった空港ビル、ターミナル、管制塔ビルがリアルに再現されています。

ターミナルビル、エプロン、管制塔ビルがリアルに

展望デッキ

 ターミナルビル屋上のウッドデッキも再現されています。展望デッキから飛行機の到着、出発を眺めることができます。

特徴的な窓のデザインと、屋上のウッドデッキ
ウッドデッキからの眺め

伊丹スカイパークと千里川

 滑走路の西側にある伊丹スカイパークと、着陸を大迫力で眺めることができることで有名な千里川です。どちらも精密には再現されていませんが、デッキとフェンスが作られています。

伊丹スカイパークからの眺め
千里川の土手で着陸を眺める

 

南端ターミナルと格納庫

 全日空(ANA)の小型機がとまる南端の駐機スペースと格納庫です。JALの機体もいますが、ANAのボンバルディアDHC8-Q400も駐機しています。

小型機が並ぶ駐機スペースと格納庫

ターミナルビル正面

 ターミナルビルの入り口、正面からの景色です。大阪モノレールの駅、駐車場が再現されています。

正面から。モノレールと駐車場が再現されている

以上、大阪伊丹でした。気になる点としては、このアドオンを入れると、着陸後にATCでゲートへのリクエストができない(パーキングスポットのみ)、AI機が32R滑走路の入り口付近で止まりがち・・・という問題があります。私の環境だけかもしれませんが。
ターミナルビルの内部も再現されていませんが、馴染みのある伊丹空港が、約1400円でここまで再現してくれているのは十分ありがたいです。

関西国際空港(RJBB)

 続いては、関西国際空港(通称「関空」)です。1994年に開港した西日本を代表する国際空港です。大阪湾を埋め立てて造られた世界でも珍しい海上空港です。私も海外を旅した時は、この空港から何度も飛び立った思い出のある空港です。

デフォルトの関西国際空港

 デフォルトの関西空港です。縦長のターミナルの形は再現されていますが、特徴的な大屋根は再現されておらず、空港と大阪を結ぶ連絡橋もありません。

デフォルトの関西空港 連絡橋が無い・・・
屋根もなく屋上がむき出しのターミナル

関西空港の購入

 関西国際空港の有償アドオンは、ゲーム内の「MARKET PLACE」から購入することができます。「テクノブレイン(TECHNOBRAIN)」と「Dominicdesignteam」という2社から公開されていますが、私が購入したのは「テクノブレイン(TECHNOBRAIN)」さんの方です。価格は2350円です。(2022年8月現在)

マーケットプレイスから購入可能

導入後の関西空港

 デフォルトでは再現されていなかったターミナルの屋根や、管制塔がリアルに再現されています。

特徴的な屋根が再現されている

北ウイングの景色

 北ウイングからの景色です。空港全体かリアルに再現されています。

北ウイングからの眺め

関空展望ホール スカイビュー

 このアドオンの素晴らしいところは、ターミナルだけではなくて、関空展望ホール スカイビュー(Sky View)もリアルに再現されているところです。

スカイビューと海上保安庁のビル

離着陸する飛行機を、目の前で見ることができます。

スカイビューの屋上から着陸機を眺める

ターミナルに駐機する、様々な国の飛行機を見ることもできます。

スカイビューの屋上からターミナルを眺める

連絡橋

 デフォルトでは消えている連絡橋も再現されています。

大阪と関空を結ぶ連絡橋

ターミナル

 もちろんターミナルと駐機スペースも精巧に作られています。

丸みのあるターミナルビルが再現されている

建物の内部は再現されていませんが、ボーディングブリッジの内部は一部作られています。飛行機に搭乗する前の、旅に出るという高揚感が味わえます。

ボーディングブリッジからの眺め

ウイングシャトル

 北ターミナルと南ターミナルの移動に便利な、無人の新交通システム「ウイングシャトル」も再現されています。そして、このウイングシャトルは動きます!!

近づいてくるウイングシャトル

第2ターミナルとタンカーバース

 デフォルトでは何もない2期島ですが、LCCの航空会社が使用する第2ターミナル、駐機場や誘導路も再現されています。

LCCがメインで使用する第2ターミナル

燃料を運ぶタンカーが接岸するタンカーバースも再現されています。

1期島の東端にあるタンカーバース

正面入り口とエアロプラザ

 正面入り口もリアルです。見覚えのある景色です。関西空港のリムジンバスが再現されているのは嬉しいです。

正面入り口とリムジンバス

関西空港駅とエアロプラザ入り口です。こちらも見覚えのある景色です。南海電鉄の切符売り場、JRのみどりの窓口、看板が再現されています。

鉄道駅を上がって改札を出たあたり

エアロプラザ、ホテル日航関西空港です。

エアロプラザ、ホテル日航関西空港

夜景

夜景もいい感じです。誘導路灯が奇麗に輝いています。

夜景も美しい関西空港

以上、関西国際空港でした。さすがは国内老舗のフライトシミュレータアドオンメーカーということもあって、お手頃価格の割には素晴らしい作りです。

まとめ

 関西2大空港の有償シーナリーを紹介しました。有償ではありますが、合わせて4000円以内で大阪伊丹空港と関西国際空港がリアルになります。あとはAIの駐機スペースがエアラインごとの配置に改善されたら嬉しいのですが、これは今後に期待です。

また、今回は紹介しませんでしたが、フリーの神戸空港(KAZEさん作)がFlightsim.toで公開されています。無償とは思えないリアルで素晴らしい作りです。これだけそろえば関西の空港については十分だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました